読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

試される大地から

furaiboが送る技術ブログ。プログラミングのTipsなど書いていきます。

OpenCV用アノテーションデータ作成・画像切り抜きツール完成

OpenCV


研究で精神的に死にそうなfuraiboです。


OpenCVC++Pythonで使える画像処理に便利なライブラリですが、

カスケード作成のための学習用アノテーションデータの作成が面倒くさいという難点があります。




そこで、NeoTrainingAssistantと称して、アノテーションデータ作成用のツールを作ってみました。

github.com



これは、既存のTrainingAssistantというツールを改良したものになります。
上記のGitHubリポジトリも以下のリポジトリからforkして作成しています。

github.com




NeoTrainingAssistantの実行画面は以下の通りです。

f:id:incodethx3932:20151211155655p:plain


ボタンごとの機能は

Back ... 前の画像に戻る
Undo ... 切り抜きを1つ取り消す
Clear ... 切り抜きをすべて消去する
Overall ... 画像全体を囲む切り抜きを作成する
Dismiss ... 画像を飛ばす (positiveにもnegativeにも反映されない)
Skip ... negativeフラグをつけて次の画像に進む
Next ... positiveフラグをつけて次の画像に進む



fork元のTrainingAssistantは微妙に使い勝手が悪く、
機能も十分でない上、細かな設定ができませんでした。


そこで、自身でリファクタリング・機能追加を行い、使いやすいように改良したのが
今回のツールになります。


もっと詳しい使い方は、Githubリポジトリ内のREADMEを見てみてください。