試される大地から

furaiboが送る技術ブログ。プログラミングのTipsなど書いていきます。

黄ばみ・赤み!出来の悪い自炊PDFファイルを修正の巻


先日、2冊の本(以下参照)を買い、MEGAスキャンで自炊代行してもらったという日記を書いた。


コンパイラの構成と最適化

コンパイラの構成と最適化

プログラミング言語を作る

プログラミング言語を作る



肝心の上がってきたPDFの出来について、ちょこっとみて「お、よく出来てるな」と思って放置していた。


が、しかし!今日見たところ、「なんじゃこりゃああ!」となってしまった。




PDFの出来が悪い

f:id:incodethx3932:20131208171316p:plain

f:id:incodethx3932:20131208171257p:plain



なんか赤い!偶数ページ上部に黄ばみだかノイズだかわからんようなものが!

しかも色合いのせいかしらんが、全体的にもったりして垢抜けない感じだ。

うーむ、これでは気になって中身を読むどころの話じゃないぞ。




しかし、文字自体ははっきりとスキャン出来てる。

ならば、話が早い、画像を補正してPDFを作りなおすことにした。





修正の手順

まずはPDFから画像を取り出す。

PDF-XChange Viewerなるものをインストール。
PDF-XChange Viewer - 窓の杜ライブラリ



これを使い、元のPDFをPNG画像(画像の劣化が怖かったので・・・)に変換し、フォルダに保存。そして、肝心の画像の補正については、XnViewというツールを使った。
XnView - 窓の杜ライブラリ



XnViewによる自炊本の画像補正は以下のブログが参考になった。
PDFの色が薄い文字(本・書類をスキャンした)画像を濃くする





まずは、PDF-XChange ViewerによってPDFから取り出した画像を格納したフォルダをXnViewのウィンドウ内にドロップし、クリック。

f:id:incodethx3932:20131208180842j:plain
f:id:incodethx3932:20131208180841j:plain
f:id:incodethx3932:20131208180843j:plain




適当な画像を選び出して実験してみる。上部メニューバーから
画像-修正-明るさ/ガンマ/コントラスト/カラーバランスを選択。


f:id:incodethx3932:20131208180844j:plain
f:id:incodethx3932:20131208180845p:plain



ガンマ修正の値を下げると、文字の黒色が濃くなり、コントラストを上げるとより全体の白色度が高まった。

自分は、

明るさ・・・変更なし
コントラスト・・・35
ガンマ修正・・・0.40
カラーバランス・・・赤 -1 青0 緑0

としておいた。


f:id:incodethx3932:20131208180847p:plain
f:id:incodethx3932:20131208180848j:plain



すると、結構いい感じになった。ただ、これでは画像全体に適用できないので、上部メニューバーの

ツール - 一括変換

を選択し、全般タブで画像の入力先と出力先を指定、
また、変形タブで先程のコントラスト等の設定を行い変換した。



f:id:incodethx3932:20131208180850j:plain
f:id:incodethx3932:20131208181838j:plain




そして、先ほどの画像を修正したのがこちら。


f:id:incodethx3932:20131208165909j:plain
f:id:incodethx3932:20131208165911j:plain




ページの色合いも白味がましてスッキリした感じに。もともと中身が白黒で文字ばかりのページばかりだったせいか、ちょっとした工夫でかなり見やすくすることができた。


あとは画像をPDF化すればOK。画像をPDF化するツールにはいろいろあるので、探してみると良いでしょう。自分は「画像梱包」というツールがお気に入りでよく使っています。

画像梱包のダウンロード : Vector ソフトを探す!




この記事が自炊代行から上がってきた出来の悪いスキャンデータに困っている人の助けになれば幸いです。